スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Opera Mini5が復活した・・
★今週末はほかにいくつかネタがあるのですが、今晩はアップが間に合わないかもしれないので、とりあえずこれを置いておきます。

タイトルの件、アドエスのOpera Mini5もおかしいし、SC-01Bの問題ではなさそうだったけど・・あの後念のためにOpera Mini5を一度アンインストールして(アプリのデータを残すかどうか聞いてくるが、後で再インストールするので「はい」を選択する)、再度インストールし直したが状況は変わらなかった。

しかし妙なことに、きのう夕方6時ごろからいくつかのサイトが見え始め、きょう午後には定期巡回しているサイトは若干レスポンスが遅いものの、すべて正常に見えるようになった・・やれやれ。Opera Mobile 10が代換にはなるが、Opera Turboを入れてもOpera Mini5のレスポンスには遠く及ばないので(逆にいうと、非力なスマホや携帯ゲーム機では、Operaの圧縮サーバーの威力が絶大だということはよくわかった。

先週は、AmazonのWebサービスがダウンしたりPlaystation Networkがダウンしたり、日本でも岩手県でNTTの光ケーブルが切れて通信各社のサービスが止まったり、さらには大手プロバイダーの一部で児童ポルノコンテンツのブロッキングが開始されたりと、ネットワーク障害が相次いだのだが、まさかOperaの圧縮サーバってAmazonの何かを使ってたり、日本の端末向けには東北のどこかに置かれたサーバだったり・・ってことはないと思うが、先に挙げた何かが絡んでたのかもしれない。

それにしても・・今はIT業界では何かと、手元のパソコンにデータやアプリを置くのではなくて、ネットの向こうのサーバに丸投げする「クラウドサービス」が流行っているが、ネットワーク障害が絶対に起きないという保証はなく(データは、手元とサーバと両方に置いておけば、災害時などにすべてぶっ飛ぶ危険は少ないのだが)、何でもネットの向こうに丸投げするのはちょっと恐いかな、と思った。
スポンサーサイト
【2011/04/24 18:59】 | 携帯電話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。