スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
東日本大震災・被災地では地デジ移行延期か?
★きょうの毎日新聞夕刊に出ていました。ネットの毎日.jpでも読めます。

毎日.jp 気象・地震(4/8)『東日本大震災:地デジ移行3県延期へ 総務省』
毎日.jp IT(4/8)『地デジ:「普及に手が回らない」被災3県の移行延期へ』

これだけの大災害なんだから、仮に被害が少なかったところでも、電気屋もアンテナ工事業者も自ら被災していて手が回らないので、地デジどころではないのが実情でしょう。この話を聞いた時、BSデジタルの端っこでやっている「地デジ難視対策放送」を、被災地では解禁したらいいのに・・と思っていたら、既にそういう措置が行なわれていて、毎日.jpにも出ていました。

毎日.jp ニュースセレクト(4/7)『東日本大震災:被災地は衛星放送で地デジ視聴可能に』

今回の地震報道で、あれだけ甚大な被害が出ていて、有線電話も携帯も地上施設や基地局が壊れたり、停電でいまだに通信が復旧してない地域もあるのに、なぜかNHKテレビでは自社設備の被害については地震発生当初から、ほとんど触れていないのが何とも不思議です。NHKオンラインも調べてみたのですが、「東北ライフライン情報」にも、わかりやすいところには放送設備の被害情報については載っていません。

ちなみに、NHKの放送受信規約によると、「1ヶ月のうち半分以上放送が止まった場合は、その月の受信料は徴収しない」ということになっているようです。(ソースはこちら)なお、NHKの放送受信規約の前文は、NHKオンラインの「受信料の窓口」に、PDFファイルで置かれています。(直リンクはこちら:PDFファイル注意)

ただし、これは「災害の場合」の規定がないので、今回の東日本大震災の場合はこの条文とは別に、放送受信ができるかどうかではなくて、災害の程度に応じて半年間、免除になるとのことです(ソースはこちら)
スポンサーサイト
【2011/04/09 00:53】 | テレビ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。