スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
33年来の思いを実現!初めて女装した人の感想15連発
★思わず、「うん、うん。」とうなづいた箇所多数。わたしも、また十三に行きたくなってきました。

Pouch(11/2)『女装して分かった15のこと』

>その1:「かわいい」「きれい」と言われるとすごく嬉しい
>その14:「女だと思った」とか言われると背筋がゾクゾクするくらい嬉しい

これ、わたしもすっごく嬉しいです!でも、こう言ってくれるひとは不思議なことに、たいていがオンナの人なのよね。どうしてでしょう?

>その3:スネ毛やワキ毛の処理が想像以上に面倒
あっ、わたしの場合はセルフエステは独自のノウハウを駆使して、60分で完了。面倒だけど、あの時間が自分を取り戻す&オンナに戻るための大切な儀式なんです。

>その5:ヒールの高い靴はメチャクチャ歩きにくい
でも、あの「カッ、カッ!」て音と、不安定な感じ(でも、慣れればすぐに上手にバランスがとれるようになり、小走りくらいはできるようになります)が、「オンナな感じ」を掻き立てて心地いいんです。

>その8:夜になると安心する。さらに新宿二丁目エリアに入るとホッとする
関西なら、堂山とか阪急東通商店街、十三なんかまさにそうですね。時々、男性のお客さんに手を握られたり、ハグしながら歩く女装さんやニューハーフを見ると、一瞬心が和みますがすぐにオンナのメイクや服装にメラメラとライバル意識や嫉妬心が燃え上がります(^^)

>その9:優しい気持ちになる
これも三重マルあげたいくらい同意。でも、女装のバイカーや走り屋もいるので、すべての人に効果があるかどうかは?ですけど・・。

>その10:しぐさも女性っぽくなり自然とオネエ口調になるが、たまに出る「男っぽさ」
わたしの経験ですが、家電量販店では特に注意してくださいね。それと、ミニスカを履いた時についつい素地が出て、脚を開いてしまって中身が丸見え(!)ということもちょくちょくありますし。

>その13:公共のトイレの「男」に入るとき勇気がいる
これは、人の流れが切れたときにダッシュすれば怖くないです。出る時も同様。でも、男性トイレに乱入してくるオンナの人は少なくないので(特に関西)、もしオッチャンと鉢合わせした時は素直に謝りましょう。

>その15:女装タイムが終わったときの空虚感
『異常にハイになっている女装タイム。しかし、いつまでも女でいることはできません。』(本文より)という個所が、とても切ないですね。わたしだと、JRで大阪から京都に向かう時、大山崎のサントリー工場の明かりが見えると、「あぁ、オンナの時間もそろそろ終わりなのね・・」と、とてもしんどくなってきます。でも、ブラを外したりメイクを落とさない訳にはいかないので・・。

さらに詳しく知りたい人は、リンク先の本文をぜひどうぞ!
スポンサーサイト
【2012/11/18 14:12】 | トランス・女装 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。