スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【画像追加】GALAXY S2をAndroid4.0にバージョンアップした
★わたしも、きょうからささやかなお盆休みです。

さて・・一時公開中断していた、docomoのスマホ GALAXY S2のアンドロイド4.0へのバージョンアップが公開再開し、ました。こうした大規模なバージョンアップは、途中で何か問題が起きると後始末が大変なので、お盆休みの間にやろうと思っていたのですが、待ちきれずにきょう未明から実施を強行。

docomo:GALAXY S II SC-02Cの製品アップデート情報

重要な注意事項がいくつかあるので、実行前に↑のサイトをよく読んでください。特にメールや電話帳、そしてWebブラウザ(複数インストールしている場合は各ブラウザごとに)など、復旧に手間のかかるデータは必ずSDカードにバックアップを取りましょう。

わたしの環境ではなぜかSamsung Kiesがうまく動かないので、今回もスマホ単体で更新することに。まず、スマホをフル充電してWi-Fiに接続し、ホーム画面メニューから「設定」>「端末情報}>「ソフトウェア更新」をタップして、あとは画面の指示に従って操作します。

docomo:SC-02C Android4.0へバージョンアップ 端末本体による操作手順

「ソフトウェア更新」で「ダウンロード」をタップした後は、250Mほどのデータが全部落ちてくるまで、ひたすら(!)待って、ダウンロード終了のメッセージが出たら「インストール」をタップして、またひたすらに待つ。インストールが終わると、再起動するか聞いてくるのでOKを押す。いつもと違う起動画面が出て、バーグラフ表示が出て、しばらく止まったように見えるが、処理に時間がかかっているだけなので、またひたすらに待ちます。

バーグラフが100%になったら、次はアプリケーションの最適化が行なわれ、それが終了するといつもの「ロックされたホーム画面」が出てくるので、ロックを解除していよいよアンドロ4.0とご対面です(^^)確認したところ、spモードメール(過去の送受信メールも含む)やEメール(アカウント情報と最近1週間のメールのみ)、標準のWebブラウザー、そして後から追加したFireFoxやOpera Mobileなどのデータはすべて残っていました。また、いらないので意図的にアンインストールしたアプリが強制的に復活!していることもありませんでした。

4.0にバージョンアップ後のステータス情報。
↑端末情報。ちゃんとAndroidバージョンが4.0.3に上がっています。

電源メニューには再起動が追加された
↑右サイドボタンを長押しすると出る「電源メニュー(?)」。再起動が追加されたのは嬉しいです。

GPUレンダリング?ONにしたけど効果なし
↑「開発者メニュー」には、GPUレンダリングのon/offが・・試しにONしてみましたが、表示の高速化は体感できませんでした(笑)

カメラの画像も無事でしたが、撮影した画像をSDカードに保存している場合、データベースの復旧に時間がかかるのか、カメラアプリを起動してもしばらくは再生ができない状態になってビックリします(次回起動すると通常通りに見れるので、心配しなくて大丈夫です)

しかし、docomoの案内にもあるように、Flash Playerは以前の設定アイコンが残りますが、そのままでは作動しないのでGoogle Playストアの「マイアプリ」から、必ず最新版に更新してから起動してください。わたしの環境ではほかに、YuoTubeやJota Txet Editor、マクドの公式アプリやユニクロアプリも更新が通知されました。このほかにも「マイアプリ」で、使っているアプリに更新が通知された場合は必ず最新版に更新してから使用してください。

で、早速使用感ですが、4.0にしてからひどく重たくなった感じはありません。いまのところ、大きなトラブルも出ていません。ただ、Eメールアプリは現時点から1週間くらい以前のメールは消えているので、メールサーバにメールがある場合は必要に応じて再読み込みを行なうのが実に面倒。それと、Eメールアプリのトップ画面が変わってしまい、各アカウントの状況の一覧が見れなくなったり、トップ画面から各アカウントの更新ができなくなったのは非常に操作性が悪いです!

まだ、設定やカスタマイズが終わってないので、詳しいレポートは今後、順次アップします。
スポンサーサイト
【2012/08/12 12:38】 | 携帯電話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。