スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
GW-USDual300@AspireONE722
★結論から書くと、結果は非常によかった。とかく、「5GHzは飛びが悪い」との先入観がついて回るのだが、内蔵の無線LANよりも電波の飛びがよく、しかも近所からの混信も、電子レンジによる影響もなく、快適に通信できるのには驚いた。

気をつける点を書いておくと、AspierONE722のような無線LAN内蔵のPCで、このような外付け無線LAN子機を使うときは、添付のマニュアルにもあるけど、先にPC内蔵の無線LANを止める必要があること。

これは、単にFn+F3ではだめで、コントロールパネルから「システムとセキュリティ」>「デバイスマネージャー」を出して、内蔵無線LANアダプター(この機種では、Broadcom 802.11n ネットワークアダプターのはず)を探して右クリック、「無効」をクリックして、アダプターのアイコンの先頭に↓が出て来ればOK。前に書いた「システム設定ユーティリティ」と違って、再起動の必要はない。

そして、USB無線LANアダプターに同梱されているドライバーCD-ROMを使うか、外付けDVDドライブのない人は、プラネックスのサポートサイトからドライバ&ユーティリティをダウンロードするかして、PCにインストール、そのあとはマニュアルにしたがって無線LANアダプターを接続し、設定すればOK。

なお、公衆無線LANなどをAspireONE722単体で使いたい場合は、マニュアルにしたがってアダプターを取り外した状態で、デバイスマネージャーを起動し、さきほどと逆の操作で内蔵無線LANアダプターを有効にすれば、それまで通りにFn+F3キーで内蔵無線LANを有効にできる。

#そう、この前書いた、起動時の無線LAN無効化ですが、この「デバイスマネージャーでアダプターを無効にする」が、副作用が少なくていいと思います。
スポンサーサイト
【2012/06/18 00:01】 | 電脳小物 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。