スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
衣類の「洗濯取り扱い絵表示」、ISO規格に移行へ
★輸入ものはともかく、最近のユニクロなどは洗濯取り扱い表示のタグが多国語対応になっているので、既に目にしている人もいるかもしれませんね。

Yahoo!ニュース・社会(6/13)『洗濯の絵表示、国際規格に統一へ 見慣れぬ記号も』

↑の記事には主な変更点の画像も載っていますが、一番とまどいそうなのは「乾燥」のところでしょうか?干し方の表示がこれまでと異なり、一見しただけでは何の意味かわからないのも困りますが・・日本の規格によると、ほとんどの衣類は「タンブル乾燥(温風式:家庭用の洗濯乾燥機はほとんどがこの方式)はお避けください」となっているのに、タンブル乾燥のマークが追加され、乾燥温度のランクまで出てくるとは・・??

ちなみに、わたしも国内有名メーカーのヒートポンプ式洗濯乾燥機を使っていますが、特にデリケートなオンナ服を除いて、普段使いの服は「タンブル乾燥はお避けください」とあっても、洗濯はどうしても夜間になってしまうので、平気で乾燥機能を使ってます(笑)それよりも恐いのは、色物の色落ちや色移りです・・。

追加:クリーニング表示のPは、パークロルエチレン=塩素系溶剤、Fはフルオルカーボン=フッ素系(フロン)溶剤ですね、参考までに。
スポンサーサイト
【2012/06/13 22:37】 | DIY・家庭科 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。