スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
新幹線新大阪駅の到着表示板はまだWindows2000で動いている?
★あの表示板の前はよく通っているのですが・・幸運にも(?)再起動してたり、シャットダウンの画面になっているのは見たことがありませんねぇ(笑)

スラッシュドットジャパン・交通(5/30)『新大阪駅の到着案内モニターの OS は Windows 2000 ?』
GIGAZINE(5/24)『「Windows 2000」が新大阪駅の新幹線到着案内モニターに出現』

↑のGIGAZINEには画像もあります!これを見たら一瞬、焦るだろうなぁ・・そして、改札口にはないはずなのにわたしはあわててキーボードやマウスを探すように、空中を手でかき回すに違いないです。

でもね、Windows2000って結構生き残っていますよ。わたしの行く某スーパーには、Windows2000Proのライセンスシールが貼られたPOS端末が堂々と現役で稼働中だし(大笑)。業務アプリが新しいWindowsに対応してないからとかいうのはともかく、更新したくても予算が下りなければそのまま使い続けることに・・(涙)。

そしてXPのサポートが終了する2年後には、「XXでは、WindowsXPのスタート/シャットダウン画面が出ていた」という話題が、同じように掲示板やブログを賑わせるのでしょうから。

でもでも、まだWindowsはカワイイほう。10年サポート保証のWindowsに比べて、MacOSはもっと旧製品のサポート切捨てが早いし、スマホのAndroidなんてもっとサイクルが早いのですから。Androidのアプリは、毎週何かのアップデートが通知されてきますから忙しいっ!
スポンサーサイト
【2012/05/31 23:46】 | 電脳小物 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。