スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
pqiのTraveling Disk U275L@じゃんぱら
★わたし個人的には、pqiのSDカードやUSBメモリはハズレをつかんだことが今までなくて、安くてもそこそこ安心して使える、という感想を持っていたのだけど、一応どのくらいの性能なのか、ディスク性能評価ソフト「FDBENCH」で調べてみた。以下、測定結果のコピー。

-----
pqi traveling disk U275L(8GB)
Drive Size 1000MB Data Size 10MB

Disk Read Write RRead RWrite (KByte/s)
13070 20984 11072 17255 2969

Copy 2k 32k 256k 10MB (Operations/min)
2122 3474 3366 1566 84

Copy 2k 32k 256k 10MB (Kbyte/Sec)
4453 77 1204 4505 12025
-----

ほとんどのものにスピードクラスや「***倍速」といった速度表記があるSDカードと違って、通常USBメモリではそこまでの詳しい性能説明はないことが多い。しかし、激安のUSBメモリの中には稀に書き込み(上図のWriteの値)が低いものもあり、注意が必要なのだが、このくらいの性能が出ていれば通常使うにはまったく問題がないと思う。

ただし、この製品の注意すべき点としてはアクセス表示ランプがなくて、データの読み書き状態がつかみにくいので、パソコンから取り外すときは必ず、タスクバーの「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す(Windows7の場合:USBメモリに緑のチェックマークの付いたアイコン)」を実行してほしい。

ま、8GBというと昨今の製品では容量は小さめなのだが、590円だし1本買っておいても損はしないので、もし欲しい人は店頭で見かけたらお早めに。

参考資料:じゃんぱら:店員に聞け!+「UHS-1は買いか?複雑化するSDスピードクラスをまとめてみた」
スポンサーサイト
【2012/05/20 22:56】 | 電脳小物 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。