スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【追記】docomo夏モデルで「らくらくホン」も遂にスマホに
★もうすでに各所で報道されているように、きのうdocomoの夏モデルが怒涛のように発表された。すでに話は出ていたのだけど、隠れたベストセラー「らくらくホン」が遂にスマートフォン化されてしまった!

ケータイWatch(5/16)『ドコモ、2012年夏モデル19機種を発表』
ケータイWatch(5/17)『タッチ操作を全面的に採用「らくらくスマートフォン F-12D」』
スラッシュドットジャパン・NTT(5/17)『NTT docomo、夏モデル機種を発表するも、ついにラインナップから「ガラケー」が消滅』

ケータイWatchの記事を読んでみると、Google playストアが使えないことなど、ちょっともったいないなぁという点はあるものの、スマホ初心者向けにはうまくまとめているなと思う。ワンセグにお財布に赤外線(?)はいいとして、Bluetooth4.0まで搭載、OSは最新のAndroid4.0。しかも、ボディカラーにピンクまであるのだ(^^)

docomo「らくらくスマートフォン」」

それはいいのだが、今朝のNHKニュースでは、なぜかこの「らくらくスマートフォン」には「高齢者向け」という見出しが付いていたのだ。複雑怪奇になる一方の携帯電話市場で、使いやすさを追及した数少ない製品なのに、高齢者向けとくくってしまうのはもったいない、と思ったのはわたしだけだろうか??

もう1つ、きょうの「無線にゃん」でも取り上げられていたけど、これだけスマホの新製品を乱発して、ただでさえ混んでいるdocomoネットワークは大丈夫なんだろうかと心配になった。そのための、怒涛のようなxi(LTE)対応なんだろうけど・・。

特に、今FOMAのスマホをお使いのかたは、もしまだどこの公衆無線LANにも入っていないなら、自分の行動範囲で使いやすいサービスに加入しておくことを強くお勧めする。docomoの公衆無線LANでもいいし、部屋で使っている固定回線のオプションサービスで安く入れるかもしれないので、一度確認されてみては?
スポンサーサイト
【2012/05/17 22:54】 | 携帯電話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。