スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【おでかけギャラリー:5/5】パナソニック松下幸之助歴史館
★GW中・5/5のおでかけ画像を数回に分けてアップします。まずは門真のパナソニック本社にある「松下幸之助歴史館」。

京阪萱島駅から見た生駒山TVアンテナ群
↑パナソニック・松下幸之助歴史館の最寄り駅は京阪電車西三荘駅。各駅停車しか止まらないので、今回は萱島で乗り換え。天気がよかったので、生駒山のテレビ送信所アンテナ群がはっきりと見えました。

あけみ・京阪西三荘駅にて
↑京阪電車・西三荘駅にて。今回は久々の女装外出ですが・・駅の階段近くに「出会い頭の衝突注意!」のシールが。通勤時間帯はよほど混雑するのですね(恐)

パナソニック・松下幸之助歴史館
↑松下幸之助歴史館に到着。夏を思わせるような快晴!絶好の行楽日和です。5/5は特別開館でしたが、メモリアルウィークとして4/20から6/30まで、特別展「松下幸之助・自主責任経営と社員家業」が開催されています。なお、常設展や開館曜日・時間、詳しい交通アクセスについては、パナソニックホームページの「パナソニックミュージアム・松下幸之助歴史館」公式サイトをご覧ください。

パナソニック「アドベンチャーシリーズ」
↑常設展にあった、過去の商品コーナーの一角・・アウトドアテレビ「レインジャー」、懐かしいトランジスタラジオ「クーガ」シリーズ、ファッションラジオ「パナペット」、これまた懐かしいキッズ用カレットテレコ・・今回は展示されてなかったのですが、これに、深夜放送黄金時代に大ヒットした「ワールドボーイ」や、ラジカセ「マック」シリーズも加えれば、同社のラジオ製品最強ラインナップ完成なのですが。

5型白黒TV・レインジャー505
↑アウトドア用5型白黒テレビ「レインジャー505」。AC電源はもとより、乾電池やカーバッテリーでも作動。チャンネル切り替えがカチャカチャと回転式なのは、さすがに時代を感じさせますが、軍用無線機を思い起こすような無駄のないパネルレイアウトは、今見ても新鮮です。

パナソニック「吠えろクーガ」
↑出ました!「吠えろクーガ」です。ですが・・よく見ると、フロントパネルのロゴが「Panasonic」ですね。それに、「FM/AM/PSB」とあるので(注:PSB=Public Service Band、主にアメリカで使われる用語で、警察や消防などの公共サービス事業用の無線を指す)、これは日本国内向けの製品ではなくて(もう、パナソニック社内にも残ってなかったの?)海外向け製品ですね。

EXPO70・松下館「タイムカプセル」
↑1970年の千里万博「松下館」に展示され、その後未来に向けて埋設された「EXPO'70 タイムカプセル」。収蔵品のほとんどは松下電器製品ですが、カプセル本体は「クボタ(当時は久保田鉄工)」が製造を担当。

日本初の自動車電話「TZ-801」
↑松下電器グループの「松下通信工業」が製造した、日本初の自動車電話移動機「TZ-801」・・こんなものまで展示されていました。ちなみに、当時の自動車電話は加入金30万円、月額基本料は3万円(!)通話料金はいくらだったかなぁ??
スポンサーサイト
【2012/05/18 06:05】 | 電脳小物 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。