スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
3Dすら普及してないのに、今度は「4K2K」だって??
★この「4K2K」とは、解像度が4000*2000ドットの超!高解像度ディスプレイの規格。ちなみに今の家庭用の液晶テレビやPCディスプレイの多くは「フルHD」(フルハイビジョン:1920*1080ドット)規格です。

スラッシュドットジャパン・テレビ(4/26)『3D の次は「4K2K」?』

単に、テレビ放送(フルHDはBSデジタルとCSの一部)やパッケージの映画を見るだけなら、そんな解像度は(現時点では)いらないと思います。第一、映像の緻密さにサウンドが追いついてこないでしょうし、映画館や大学のホールなんかは別として、家庭用に使ったら2時間の映画どころか、1時間ドラマを見ただけで疲れがどっと出てきそう。

それよりも・・今のデジカメの解像度って、1920*1080どころか、4000*3000ドットとか平気でありますし、テレビじゃなくて写真ビューアーとか、高解像度が要求される電子書籍の表示に使ったほうがウケそう。ソニーあたりは、αシリーズの高級機に付けて売り込むとか。

もっとも普及型デジカメの場合は、解像度にレンズの性能がついてこなくて、汚い絵になってしまうことが多そうだけど・・。
スポンサーサイト
【2012/04/30 22:31】 | テレビ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。