スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
スマホのアプリ、インストール時のセキュリティ警告はちゃんと読んでる?
★androidスマホをお使いのかたはご存知だと思いますが、有料・無料にかかわらず、Google Playストアからアプリをインストールしようとすると、アプリが端末(スマホ)に対して、どのような動作を行なうかの警告が出ますよね。実際にはアプリを使おうとすると、警告に同意しないといけないんですが・・。

INTERNET Watch(4/10)『スマホ利用者情報に対する事業者のリテラシー不足、端末IDの扱いなどが課題に』
無線にゃん(4/19)『ニュースコメント:不正なAndroidアプリが3カ月で5000種類、日本への標的型攻撃も相次ぐ』

あの警告はよく確認していると、アプリの機能に対して「これは明らかに過剰な権限を要求してるな」というのがたまにあります。ただ、その場合でも、特に広告付きの無料アプリの場合は、広告を表示させるためや、作者が利用状況を分析するために、インターネットアクセスや位置情報の収集を行なっているケースもあり、権限が過剰だから直ちに危ない、とは言い切れないので、一般人には判断が難しいと思います。まぁ、同様のアプリがある場合は、嫌だと思えば他のを探せばいいのですが・・。

それと、「無線にゃん」にあった「アップデート時の権限変更」、これは実は大変な問題です。androidでは、アプリのマイナーバージョンアップであってもアップデートチェックで通知が来て、初回インストール時と同じようにセキュリティ警告画面で各権限に同意を求められるのですが、その数が半端じゃないんです。わたしは一応、毎回すべて目を通していて、今のところ過剰に権限が昇格されたものは見つかってないのですが・・。

ともかく、「スマホはパソコンと同じくらい(セキュリティ的には)危ない」というのは常に頭のどこかに置いておいて、セキュリティソフトは必ず入れておくとか、何か警告や注意のメッセージが出てきたら必ず確認するという習慣は身につけましょうね。

↑の、ケータイWatchの記事の最後にあった、総務省のワーキンググループの取りまとめ報告も、少し難しいですが参考になると思います。(その巻末の「スマートフォンプライバシーガイド」は、比較的分かりやすい内容ですので、PCをお持ちのかたはせいぜいご覧ください。

総務省:「スマートフォンを経由した利用者情報の取扱いに関するWG中間取りまとめ」※PDFファイル注意
スポンサーサイト
【2012/04/22 22:14】 | 携帯電話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。