スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Windows Vista Homeのサポート期限が2017年4月に延長される
★以前にもマイクロソフトは、まだまだ多くの人が使っているであろう WindowsXPで、ユーザーの要望に応えてサポート期限を延長したことがあったのですが・・本日、Windows Vista以降については、メーカー製の個人向けPCに搭載されているHomeエディションについても、ビジネス向け(個人で買うこともできる)のProfessionalと同様の、10年間のサポートを行なうと発表しました。

INTERNET Watch(2/20)『個人向けWindows Vistaのサポート期間が2017年まで延長、7は2020年まで』

うん、これで正解なのかもしれないです。Windowsの機能だけで言えば、個人使用でわざわざ値段の高いProfessional版を使う必要は少なく(もちろん、強化されたセキュリティなど、Pro版ならではの利点はあるのですが・・)、サポート期間を長くするためだけにPro版を選ぶ必要がなくなったのは、かなり嬉しいです。

そうそう、去年11月にEeePC901の後継として買った、AcerのAspireONE 722なんですが・・Windows7 HomePremiumが載っているので、サポート期限は2015年4月でした。買って4年ほどでサポートが終わるのはなんかもったいない気がして、Windows Anytime Upgrede(追加のライセンスを買うことで、上位のエディションへアップグレードできるサービス)でPro版に移行しようかと思っていましたが・・焦って実行しなくてよかった(^^)

ただ、これからパソコンを買ったり入れ替えようと思っている人に一言言っておくと、Windowsのアップグレードにはシステム要件があり、新しいものや上位のエディションには当然、より高いハードウェア性能が要求されますので、途中でアップグレードを予定している場合には、予算との兼ね合いもありますが、その時点でできるだけ高性能なものを選んでおくことをおすすめします。
スポンサーサイト
【2012/02/20 23:27】 | 電脳小物 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。