スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アメリカ国内では「日本の軽自動車」はクルマではない?
★きのう2/1のスラッシュドットジャパンの日記にあったのですが・・。

スラッシュドットジャパン:simulacrumの日記(2/1)『軽自動車』

どうも、アメリカ国内ではクルマとして認められないために、公式には買えないみたいです(要確認)。まぁ、それぞれの国の治安とかクルマの使い方とか、道路事情はいろいろ違いますから、公式に認めないのには何か理由があるのでしょうが。

もう10年以上も昔、まだバブルの残り火がともっていた頃、ハワイ島に行った帰りにホノルルに戻る飛行機(国内線)の中で、建築家だというアメリカ人男性となぜかRV車の話で盛り上がったことがあったのですが、彼に「日本には、660ccの「サムライ(注:スズキ・ジムニーの輸出名)があるよ」という話をしたら、すごくビックリしてました。

わたしが続けて、「660cc車は日本では”Kカー”と呼ばれて、黄色いライセンスプレートを持ち、保険や点検、高速道路の料金も安い。生活のためのビークルなので、スピード制限は80km/h(注:当時の話)だけどね・・」と、日本の軽自動車制度の話をしたら、それにも驚いていましたね。

合理的に道具として割り切ったら、遊びのツールとして軽トラックって面白いんですけどね。大昔、わたしがアマチュア無線にハマっていた頃、山頂の移動ポイントに機材を上げるのに、軽トラックで電源やアンテナタワーやら、全部入りの「特装車」を作ってしまったマニアのかたを何人も見たことがありますよ。ほかにも、バイクやサーフボード、スキーなどを運ぶのにも便利ですし。

スポンサーサイト
【2012/02/02 00:23】 | クルマ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。