スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
京都地裁がソフトバンクに高額パケット料金の一部返還判決
★この手の高額パケット料金にまつわる話題は、幾度となく出てきてはまたすぐに忘れられるのだが・・。

MSN産経ニュース・事件(1/12)『高額パケット代返還命令 ソフトバンク側に注意喚起義務 京都地裁』
スラッシュドットジャパン・法廷(1/13)『京都地裁、ソフトバンクに対し高額なパケット通信料の返還を命じる』

えーい、何が定額範囲で何が適用外か、そしてWebで毎日パケット数を確認したりするのは面倒だろうから、後払いのフツーの契約は全部、パケット定額必須にして、パソコン接続はできないようにしてしまえー!!!

どうしても月6000円はキツイ人とか、パソコンをつなぎたい人は、専用のプリペイドカードを発行して(or、パソコン接続の料金をオンラインでチャージする)、そこから引き落とすようにすれば、5000円とか10000円使い切ってしまえばとりあえずそこでストップするので安全。それでも使いたい人は・・金券ショップで追加のカードを10%引きとかで買って、使い続けるでしょう(笑)

「プリペイド契約は、振り込め詐欺など犯罪に使われるので危険」などと言う人がまだいるのだが、日本では現在はプリペイド式携帯電話は契約の際に身分証明書が必須になっており、その心配は(少なくとも正規販売店では)無用。あとは、プリペイドのデータ通信契約にも義務付ければいいだけ、簡単簡単。
スポンサーサイト
【2012/01/13 23:29】 | 携帯電話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。