スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
朝日新聞、来年にも無料の「asahi.com」を終了??
★ちょっと古いネタになるのだが、紙の新聞を取らずにネットのニュースサイトに依存してる人は少なくないと思うのであえて紹介。そういう人には重大な問題になりそう。

J-CASTニュース・社会(12/20)『朝日新聞「アサヒコム」終了、来年初めに「有料版」に一本化有力』
関連記事:INTERNET Watch(11/10)『日経・朝日・読売の新聞読み比べサイト「あらたにす」、2012年春終了』

まぁ、日経の言ってる『『良質なコンテンツはタダじゃない』というのが我々の考え方。』(J-CASTの記事より)というのは理解できなくもないが、では紙の日経が月4383円、印刷や配送のいらない電子版が月4000円というのが、果たして適正な価格なのかどうか?というのは大いに疑問の残るところ。

まぁ、そんなことはありえないと思うが、新聞社系のサイトが全面有料、あるいはそれに近い状態になったら、わたしとしてはしぶしぶどこかの新聞社の電子版を契約することになるだろう、とは思う。紙面内容からすれば、一番候補は日経なのだが・・(大笑)

それより、こうして新聞紙面の配信が電子化されてくると、新聞社のサイトの耐久性、というかサービス容量は十分確保できるのだろうか?携帯電話でもスマホの普及でネットワーク容量が限界に近づいているし、わたしの環境だけかもしれないが、最近日経新聞のサイトは、夜遅くなるとアクセス不能の状態が続いていたので・・(今朝はなぜか見えていた。お休みの人や会社が多いから??)

さて、ささやかながら回避策。日経に関しては、無料の会員登録をすれば月20本まで有料記事が読め、PCアドレスへ1日3回&速報ニュースのヘッドラインを送ってくれるメールサービスが使える。また、グループ企業で出している「IT Pro」「日経PCオンライン」などの記事は、「日経BPパスポート(無料)」のIDを取得すれば読むことができる。

さらに、意外にに見逃せないのが「NHK」。Webサイトは携帯サイトもPC版も無料。NHK NEWSWEBはPCか最近のスマホが必要だが、TVで流れていたニュースが項目別一覧で整理され、対応機種では動画でも見ることができる。新聞の代わりには役不足かもしれないが、活用すれば便利なこと間違いなし。テレビと併用すればもっと便利、そしてNHKは受信料でウマー・・(?)
スポンサーサイト
【2011/12/29 19:08】 | エンターティメント | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。