スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ウィルコム旧機種が来年2月末で使用不可に、一部機種ではバージョンアップが必要
★まぁ、PHSに限らず、通信方式が変更にならない限りは、充電池が供給され続ける限りは古い端末を使い続けることも、ショップ持込みで再契約することも通常は可能なのですが・・パナソニックのHV210とか三洋のJ700って、まだ現役で使っている人は多いのかなぁ??

ケータイWatch(12/15)『ウィルコム、一部周波数の移行に伴い100機種以上で操作が必要に』

来年3月で使えなくなる機種のリスト
ウィルコム-新制御チャンネル非対応機種リスト
バージョンアップや操作が必要な機種
ウィルコム-制御チャンネル移行に伴う対応方法別対象機種一覧

また、「文字電話」サービスも来年2月末をもって終了するそうです。

わたしのところには、PHSサービスが開始された時からの使用済み端末が、今も10台以上動態保存されているのですが・・↑の非対応機種リストに載っているのがある、ある。三洋のPHS-P101、東芝のDL-S100/S200、ビクターのTN-PZ5・・(笑)

なお、制御チャンネルの移行はかなり前にアナウンスされていたため、京セラの名機WX310Kや、シャープの「アドエス」WS011SHなどは3月以降も問題なく使えるようです。この「電源入れ直しが必要な機種」、契約が切れていて電話番号が入っていないものは公衆サービスの電波を拾いに行かないため、移行期間に電源を入れ直しても以後は再使用できなくなる??どうなんだろ??

スポンサーサイト
【2011/12/17 00:47】 | 携帯電話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。