スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
サッシのすき間に通せる光ケーブル@NTT
★ちょっと前のMSN産経ニュースに出ていました。

MSN産経ニュース・経済(11/28)『NTTが超薄型光ケーブルを開発 光で巻き返し図る』

BSアンテナをサッシのすき間から引き込む「すき間ケーブル」という商品があるのですが、あれの光版ですね。光ケーブルの場合、ケーブルの径自体が細いので、通常はエアコンの配管ダクトや換気口、既にある電話やテレビの配管から引き込むことが多く、新規に穴を開けるケースはそれほどないと思うのですが・・それでも、引き込みが難しい建物のかたにはうれしい製品かも。

ただ、光回線はスピードが速い上に、ADSLに比べて安定しているので、2台以上のパソコンを同時に使いたい人や、オンラインゲームや動画配信サービスを使う人にはいいのですが、一般家庭でパソコン1台しかない、動画もあんまり見ない・・という人には過剰な性能かもしません。値段も、関西のeo光のように安いサービスでも、4000円台後半から5000円近くは間違いなくかかりますから。

まだ、エリアの制約はあるのですが、ワイヤレスブロードバンドのUQ WiMAXは、理論値40Mbps、実際にそれだけの速度が出ることはあまりありませんが、それでも電波がきていれば4Mとか5Mは楽に出ます。これで、メールや通常のWebなら、何の問題もありませんし、ノートパソコンを使う人は、部屋でも外でも1回線で済みますし、モバイルルーターを使えば複数機器も同時に使えます。

しかも、配線工事一切なし。値段も1年契約なら月3880円。なので、光回線の本当の敵はサッシではなくて、ワイヤレスブロードバンドと、お客さんの財布の中身かも??
スポンサーサイト
【2011/11/30 23:25】 | 電脳小物 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。