スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
老舗「タニヤマムセン」、エディオン傘下に・・
★まぁ、電気街とは言いにくいくらいに様変わりした寺町通りで、何とか(?)踏ん張っていたのですが・・こんなに早く看板が下ろされるとは予想もしませんでした。

今や、注文から2、3日待てばかなりマニアックな電脳グッズでも、たいていのものはインターネット通販で手元に届くし、パソコンや携帯電話のような情報機器は、現物展示と在庫が大量にある大型店のほうが欲しい品物を選びやすいし、エアコンやテレビ、洗濯機のような大型生活家電は、まだまだ地域の電気屋さんが力を発揮できるフィールド。

タニヤマムセンは、サービスの親切さではたぶん、京都ではトップクラスだと思うのですが、ビックやヨドバシを含めた京都の家電業界の中では、立ち位置としては微妙なところだったんだろうなぁ、と思います。

京都新聞電子版・経済(9/15)『タニヤマが「ミドリ」に エディオンとFC契約』

記事によると、寺町本店は10/2にいったん閉店し、改装してエディオングループの「ミドリ」の店舗として再スタートするようです。春だったか、同じ京都新聞にタニヤマムセンのインタビューが載った時は、「まだまだ独自路線で頑張るぞー」みたいな話でしたが・・。

寺町電気街に長年通ったわたしとしては、歴史ある「タニヤマ」の看板が消えるのは寂しい気もしますが、お店自体はミドリになっても今の場所に残るようですし、まだ元気なうちに今後への布石を打ったとプラス思考に解釈したいですね。
スポンサーサイト
【2011/09/15 23:41】 | 京都街歩き | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。