スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
携帯電話を多用するとテストステロンが増えるって・・(恐)
★これは聞いていてあんまり気分のいい話ではありませんね・・。useWill.com経由、Amrit不老不死研究所の記事。

Amrit不老不死研究所(7/8)『携帯電話を使用すると精子の質が下がり血中の生殖ホルモン量に変化が起きる』

携帯の使用頻度が高いと精子の質が低下する、というのは、これから結婚して子作りに励もうという人以外は、あんまり気にしなくていいかもしれない。何せ、必要数のガキが出来てしまえば、それ以降は延々と避妊するわけだから。それよりも、記事の初めのほうの『携帯電話を使っている患者はテストステロン(T)レベルが高い傾向にあり、一方、黄体ホルモン(LH)は低い傾向にある(本文のまま)』というのは、女装さんとして非常に気になります。

まぁ、今はノンケの人も純女さんも純男さんも携帯はガンガン使ってると思うけど、女装に限らずセクシュアルマイノリティって、ネットがある意味命綱みたいなところがあって(特に東京在住以外の人)、ノンケさんよりも使用頻度は高いんじゃないかしら?よく言われる脳腫瘍の話なら、イヤホンマイク使って携帯を頭から遠ざけるといいかもしれないですが、ポケットやハンドバック、腰ホルダーに入れているだけで電磁波は性器を直撃??さぁ、どうしたらいいのかなぁ。

この話、日本でも継続的に研究して、GID学会あたりで取り上げると面白いかも。

スポンサーサイト
【2011/07/08 23:30】 | カラダの科学 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。