スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
さぁ来た、泣いても笑ってもあと30日(!)
★きょうは6月24日・・そう、テレビ放送の完全デジタル化(震災で被災した東北3県を除く)までホントにあと30日。

放送絡みの大きなイベントといえば、その昔(1978年)中波のチャンネル間隔が10KHzから9KHzになった時、そして衛星放送にWOWOWが登場して、本格的に普及が進んだ時の二つが強く記憶に残っているのですが、中波のチャンネル間隔が変わっても、衛星放送に民放が登場しても、それまでの放送が受信できなくなるという変化ではなかったです。

ところが今度はそうではないので、それこそ停止の瞬間はデジカメやムービー、また録画機で録画して残しておかないと・・(^^)

MSN産経ニュース・エンタメ(6/23)『地デジカウントダウン・あと1ヶ月(上)』
MSN産経ニュース・エンタメ(6/23)『[地デジ]2台目以降のテレビに遅れ』

古いアナログテレビでまだ映るものは、この間も書いたけどもイオンの3980円チューナー(その他同等の簡易型チューナー)をつなぐのが手っ取り早くて、地デジの番組を見るだけの機能しかないのですが(データ放送非対応)、とりあえずテレビをゴミにせずに済みます。

VHSビデオデッキをまだ使い続けたい場合も同様に地デジチューナーをつなげばよいが、5000円以下クラスの簡易型ではなくて、番組視聴予約に対応したものにしましょう。理由は、VHS側で複数予約に対応していても、チューナー側でチャンネルが自動で切り替わらないと、同じチャンネルしか録画予約できないから。(録画は、HDではなく標準画質になる)

厄介なのがアナログチューナーしか入ってない、古いDVDレコーダー。もし、CPRM対応のDVD-RWに対応した機種なら、DVD-RWを使って「1回だけ録画可能」(つまり、そこから他機へのダビング不可)になるが、VHSデッキと同様に、視聴予約に対応した地デジチューナーをつなげば延命可能。これでも、タイムシフト用途で「見たら消す」という使い方なら、十分活用できます。

↑の記事には、お風呂テレビの地デジ化の話が出ていましたが、最近ホームセンターやカーショップでよく見る、出力をアナログテレビ信号で出すカー地デジチューナーを改造して使えないかなぁ?(アンテナ出力を、ケーブルでアナログテレビのアンテナ入力につなぐ)これだと、映像/音声入力端子がない、アンテナ端子だけのテレビも地デジ化可能??

最近、アンテナで有名なマスプロ電工からも製品が出ているのですが、これらは直接配線ではなくて、カーテレビのウィンドウガラスアンテナに出力アンテナを貼る構造になっています。他のクルマへの電波漏れを防ぐためとは思いますが、アンテナが送受信兼用になっていて、本体側コネクターも特殊なものを使っているので改造は難しいか??

そして、同社のFAQには、ロッドアンテナTVには使えないように書いてありますが・・入出力を分離して、テレビとUHFアンテナに別々につなげるように改造すれば使える?そのうち、アナログ終了直前に、どこかのメーカーがこんな製品の家庭用バージョンを出してきそうな気が。
スポンサーサイト
【2011/06/24 01:33】 | テレビ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。