スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
実際は無意味なパケット定額の「下限料金」
★PHSならともかく、携帯は通信速度がメガbpsクラスだし、フルブラウザーでPCサイト見たり、動画配信サイト使ったりしたら、数時間もしないうちにデータ通信量がパケット定額の上限に達します。なので、メールだけしか使わないというのでもない限り、2段階定額の「下限料金」は実際には意味がありません。しかし・・

スラッシュドットジャパン・iPhone/携帯電話(5/11)
『iPhoneの定額料金プラン、自動通信だけでほぼ上限額に達するとして行政指導に』


これ、良心的な携帯ショップだとスマホ契約の際にはちゃんと説明してたり、店頭に注意書きを表示してるはずですが・・PCでもそうなのですが、最近はアップデートの確認などで、自動的に外部と通信を行なうアプリが多くて、自分では何もしていないはずなのに、開発元のサーバと勝手に通信をしているものがあります。

ましてや、端末を使い始めたり初期化直後に行なわれるシステムアップデートのように、ユーザーに確認を求めるものの、大量のデータをやりとりするものもあり、携帯電話会社はスマホのこうした危険性(?)について、もっと広く周知しないといけないのでは??それとも、アップデートは携帯のパケット代がかからない、無線LAN経由でもできるようにするとか?

#docomoのスマホ用プラン「パケホーダイ・フラット」の説明には、わざわざ赤文字で注意してありましたよー(^^)
スポンサーサイト
【2011/05/14 21:09】 | 携帯電話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。