スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【差し替え】ソフトバンクの孫社長もパケット定額制の見直しについて示唆
★先日のdocomo社長会見でも似たような話があったし、アメリカではすでにパケット定額を廃止した事業者も現れたのですが・・。

スラッシュドットジャパン・モバイル(7/29)『ソフトバンク孫社長曰く「いつかはデータ定額制を見直すべき時期が来る」』
ケータイWatch(7/28)『ソフトバンク決算、“本業”好調で過去最高の純利益達成』
※パケット定額見直しについては最後から2つめの項目で言及

ちなみにわたしは、docomoのパケホーダイ・ダブルのスマートフォン版(通信料の上限5985円:現在は新規受付停止)を使っているが、1ヶ月のデータ通信量は300万パケットを越えた事はない。もっとも、アナログ回線のダイヤルアップやAir-Hなどの低速回線時代や、ザウルスなどPDA利用のノウハウを駆使し、いかに軽く通信をこなすか日々努力している結果ではあるが。

データ通信量が飛躍的に増える音楽や動画配信は別として、携帯電話会社が困るほどネットワークが混雑してる原因の多くは、スマホの普及でPCサイトをそのまま見ることが多くなったことに違いない。圧縮サービスを通すとアクセスできないサイトや、携帯各社公式サイトには使えないが、ここはぜひとも携帯電話向けブラウザー「Opera mini」と「Opera mobile」を使いましょう。

Android、iPhone、Windows Mobile、ブラックベリーなど、多くのスマートフォンに対応していて、PCサイトを利用しても、Opera社の圧縮サーバーを通すことで圧倒的にパケット数を減らすことが可能。本来なら、データ通信量激増で困っている各携帯電話事業者が、スマホに標準装備して欲しいくらいなのだが・・。

あと、スマホでデータ通信量(=パケット数)を減らすためのポイントをいくつか。

・Webブラウザのブックマークをフル活用する・・100件で満杯になるガラケーと違い、スマホはお気に入りのサイトをどんどんブックマークに置ける。よく使うサイトはトップページのほかに、最終目的のページをブックマークに置いて、途中のページに寄らずに快速アクセス。

・無線LANやWiMAX(auの場合)を活用する・・部屋にいる時、無線LANのアクセスポイントがあれば、Webやメールは3Gではなくてwi-fiモードに切り替えて接続。パケット定額を使っていても、携帯ネットワークへの負荷が確実に減らせ、自分もwi-fiで快速アクセス、3Gのほかの利用者もネットワークが空いてハッピー。

・公衆無線LANも活用・・別契約が必要だが、マクドや駅中など公衆無線LANが使える場所では、積極的に活用したい。理由は上に書いたのと同じ。eo光を使っている人には、ここで書いていた「eoモバイルwi-fiスポット」のセット割引がおすすめ。

Googleゲートウェイでデータ量を減らして快適アクセス・・Webサイトのデータを携帯電話用に変換する無料サービス。「何でスマホに必要なの?」と思うかもしれないが、複雑なサイトも携帯電話向けにテキスト主体で変換するので、スマホで直だと重いサイトも爆速アクセス!画像を外すことも可能(Flashやjavascriptには非対応なので、見れないサイトもある。)
スポンサーサイト
【2011/07/31 01:11】 | 携帯電話 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。