スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
えっ、「超小型車」は走行道路限定になるって・・
★まぁ、通常の買い物などなら、別に高速に乗れなくても問題は少ないと思うのだが・・走行可能道路が限定されるのはちょっと困るかな。そもそも、隣町に出るのに高速が必須!というほどの田舎(失礼。)なら、わざわざこんなクルマは選ばないと思う。その理由は、下の記事や国土交通省の資料を読めばわかる。

Yahoo!ニュース・経済総合(11/22)『超小型車、高速は走れません…1月に認定制度』
Yahoo!ニュース・社会(11/22)『超小型モビリティの認定制度案、国交省が意見募集開始』
国土交通省プレスリリース(11/22)
「超小型モビリティの認定制度の策定に係る意見募集について」
※PDFファイルあり注意

この国土交通省のプレスリリースには、実は非常に重要なポイントがいくつも埋め込まれているので、関心のある人はぜひ2枚とも読んでほしい。そして、意見があれば精々、パブリックコメントを上げるといいと思う。なお、送付は郵送・FAX・メールで可能で、データはWordや一太郎を使え、とは書いてないのでご安心を(笑)

この資料を読んでみると、「一定の条件のもとに保安基準を緩和」とあるが、小型バイクの背中にある「三角マーク」はついているけど、軽自動車用の黄色いナンバープレートが付き、一般人にはフツーにクルマとしか見えない。なのに、エンジン排気量は125cc以下、電気自動車だと8KW(10馬力ちょっと)だから、走行可能となる道路では一般車と混合して(多分?)走行することになると、いくらスピードが出ないからといって、緩和した保安基準でホントに安全性が保て、周りの交通に支障が出ないのだろうか、ちょっと心配。

そして、建前上は軽自動車の一種なので車検と保管場所登録が必要になり、現時点では社会実験ということで個人が勝手に買って走ることは難しそう。(資料によると、地方公共団体などの運営者が事実上実験を仕切り、毎年の走行実績や事故状況などの報告が必要)

しかも値段は、現在の軽自動車よりも若干安い程度?なら、コスパ悪くないー??これだったら、クルマの形にせずに、素直に大きな荷台のついた2輪車のまま使うか、バイクにサイドカーとかピザ宅配用ジャイロXに125CCバージョンなんかのほうがまだいいかもねー。

そーやねー、農山漁村などで路線バスの代換として地域内オンリーの移動に使ったり、鉄道会社やホームセンター、デパートなどが時間制レンタルでお客さんに貸し出したり・・ってスタイルになるんでしょうね、たぶん。


スポンサーサイト
【2012/11/23 18:30】 | クルマ | page top↑
東京都が自転車ナンバープレート制の導入を検討
★自転車のナンバープレートの話は、前にもここで書いたような気がしますが・・

スラッシュドットジャパン・日本(9/5)『東京都、自転車へのナンバープレート装着義務化を検討』

実は防犯は2番目以降の話で、本筋は「自転車利用者からも税金を取りたい」のが本音では??プレート、と書いてありますが、実態は高速道路のETCみたいに車載機とワイヤレスで情報をやりとりすればいいのではないでしょうか。

まぁ、わたしの個人的感想では、この記事のコメントで誰かが書いていたように、ナンバープレート制をきっかけに自転車税を導入し(さらにクルマと同じように強制保険と車検と車体取得税も導入)、駐輪場や自転車レーンなど、快適で安全な自転車環境の整備、そして自転車事故の被害者救済にあてればいいと思います。

あと、都市部の駐輪場不足の対策としては、カーシェアリングよろしく、「自転車シェアリング」を導入し、駅やスーパーなどに着いたら、個人の自転車を駐輪場に止めるのではなく、借り手同士の連携を取って自転車を共有して稼働率を上げ、駐輪時間と台数を短くするのがいいかと。もちろん、RFIDに携帯の位置情報に、ネットのスケジュールサービスと、ITフル活用ですよ(^^)
【2012/09/06 22:48】 | クルマ | page top↑
軽自動車より小さい「超小型車」、政府が認定の方針
★郊外のスーパーや家電量販店、ホームセンターへ買い出しに使うのなら、わたし的には今の軽自動車で性能的に十分過ぎると思うけど、安全装備を強化したり車内の快適さを追及すると、燃費も価格的にも1000ccクラスと差がないか、逆に悪くなっている部分もあるからなぁ。

もちろん、特例的に保険や税金は安くなっているのですが、これには普通車メーカーや、税金を取りたい財務省、そして米国から見直しを迫られている事情もあり、このままでは将来的な見通しや存続は決して明るくない。その辺の打開策として、より小さいクラスを作ろうということでしょうか??

Yahoo!ニュース・経済(5/27)『1~2人乗「超小型車」、普及へ国が認定制度』
useWill.com(5/28)『国土交通省。年度内に軽自動車より小さい1~2人乗り「超小型車」の区分を策定』

↑のuseWill.comには、日経の記事の報じるところとして、「1日の走行距離10km」とか書いてあったのですが・・そのくらいの航続距離ならエンジン車じゃなくて、電気自動車でいいんじゃない?と思います。

ただね、Yahoo!の記事にあったように、ある程度の積載量(スーパーなら大型チャリカゴ2個くらいで何とかなるが、ホームセンターや宅配便の配達に使うとなると、100-150Kgは載らないとしんどい)を確保し、軽同等といかなくてもそれなりの安全性能を確保すると、125ccのエンジンではしんどいか?

想定される車体は、高速道路不可で、125ccのバイクにサイドカーを付けた感じ?それとも福祉車両やゴルフ場で見かける1人乗り電動カートを大きくしたようなスタイルかなぁ。

でもこれが実現するとして、現状ではトヨタや日産あたりの日本メーカーに作らせる(&儲けを出す)のは無理っぽい気が・・安価に量産するとしたら、ミニカーやカスタムカーで有名な光岡さんとかの規模では無理?結局は中国製?(笑)それに、「超小型車検査協会」とか、新しい公的団体を作って役人を天下り??

useWill.comのコメントには、「軽自動車廃止の前触れか?」と評した、自動車評論家国沢光弘氏のHP記事へのリンクも・・。

【2012/05/28 22:58】 | クルマ | page top↑
hondaのスーパーカブ、発売以来のフルモデルチェンジ
★前回のモデルチェンジでは、排ガス規制をクリアするためにPGM-FIと触媒コンバーターを搭載、そのためにお値段は原付にもかかわらず20万円を越えてしまった。中国生産になったのはその反省に違いない・・。

スラッシュドットジャパン・交通(5/21)『ホンダの原付きバイク「スーパーカブ50」、1958年の誕生以来初の全面改良』

スーパーカブは昔、わたしも乗っていたことがあるけど、燃費と耐久性はピカイチ(何せ、ランドクルーザーとハイエースとスーパーカブは、そのタフさ故に海外で人気があり、国内盗難件数のトップを占めるほど)なのはよくても、遅くてフツーの原付スクーターにバンバン抜かれるし、そのうえに非力なので逢坂山とかの峠越えとかはちょっとシンドイし(笑)、いくらビジネス用でも20万円越えの価格はツライか?

もしかしたら、次にモデルチェンジするときは電動化?街中の配達とか、距離が短くて走行ルートが決まっていれば、充電の心配も神経質にならなくていいし、モーター駆動は低速から馬鹿トルク発揮&完全電子制御でギアチェンジ気にしなくて楽だし・・。
【2012/05/23 00:19】 | クルマ | page top↑
アメリカ国内では「日本の軽自動車」はクルマではない?
★きのう2/1のスラッシュドットジャパンの日記にあったのですが・・。

スラッシュドットジャパン:simulacrumの日記(2/1)『軽自動車』

どうも、アメリカ国内ではクルマとして認められないために、公式には買えないみたいです(要確認)。まぁ、それぞれの国の治安とかクルマの使い方とか、道路事情はいろいろ違いますから、公式に認めないのには何か理由があるのでしょうが。

もう10年以上も昔、まだバブルの残り火がともっていた頃、ハワイ島に行った帰りにホノルルに戻る飛行機(国内線)の中で、建築家だというアメリカ人男性となぜかRV車の話で盛り上がったことがあったのですが、彼に「日本には、660ccの「サムライ(注:スズキ・ジムニーの輸出名)があるよ」という話をしたら、すごくビックリしてました。

わたしが続けて、「660cc車は日本では”Kカー”と呼ばれて、黄色いライセンスプレートを持ち、保険や点検、高速道路の料金も安い。生活のためのビークルなので、スピード制限は80km/h(注:当時の話)だけどね・・」と、日本の軽自動車制度の話をしたら、それにも驚いていましたね。

合理的に道具として割り切ったら、遊びのツールとして軽トラックって面白いんですけどね。大昔、わたしがアマチュア無線にハマっていた頃、山頂の移動ポイントに機材を上げるのに、軽トラックで電源やアンテナタワーやら、全部入りの「特装車」を作ってしまったマニアのかたを何人も見たことがありますよ。ほかにも、バイクやサーフボード、スキーなどを運ぶのにも便利ですし。

【2012/02/02 00:23】 | クルマ | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。